代表プロフィール

NPO芸術家の村理事長 株式会社Little Japan代表取締役 元農林水産省 1984年生まれ。
兵庫県神戸市出身。 京都大学(学士)、京都大学大学院(修士)。
ブラジルに3年、フランスに1年住み、海外40カ国以上を訪問。
たくさんの国を訪れる中で、日本のために働きたいと考えるようになり、2008年農林水産省に入省。
国際交渉、経理、金融、農地、官民ファンド、バイオマス等に携わる。
一方で、東日本大震災をきっかけに草の根活動の重要性を認識。
2012年12月、NPO法人芸術家の村を立上げ。空き家問題の解決や、様々なNPOの支援に取組む。
現在の日本では、成長戦略が作られても、それが実現できない現実があるのではないか。
そして、この問題を解決するためには、他の誰かが解決してくれるのを待っているのではなく、
リスクを取って現場でチャレンジする人が必要なのではないかと考え、
その 1 人となるべく、2017年1月末に農林水産省を退職。
2017年2月、地域資源を活かした海外向けビジネスの創造による地域創生を目指し株式会社Little Japanを創業。
2017 年 5 月、最初の取組として、これまでの海外経験と地域活動の経験を活かし、
地域と世界をつなぐゲストハウス「Little Japan」を浅草橋にオープン。
これまでパブリックセクター、ソーシャルセクター、ビジネスセクターのトライセクターを経験してきたことを活かし、
3つのセクターをつなぎながら、地域創生を実現することを目指している。
 
Little Japanができるまで

講演テーマ・実績

日経ビジネススクール:「寿命100年」時代に選ぶべき“自分の仕事”〜「地域」創生プロジェクト〜
明治大学「地域創造総合講座」:地域資源を活かした海外向けビジネスの創造
独立行政法人中小企業基盤整備機構:地域のサードプレイスを考える
人事院・国家公務員研修:市民社会とのパートナーシップを考える
自由大学:ゲストハウスをつくろう
2017年度日系研修:起業・後継者のための経営力強化
アジア社会起業家育成塾:チャレンジで開かれるキャリア〜農林水産省、NPO、地域と世界をつなぐ「Little Japan」の取組を通じて〜
社会起業大学:NPO法人のつくり方
旅して生業を創る人〜ライターでもデザイナーでもなく旅先で生業を創る〜

メディア掲載等

AERA 生きづらさを仕事に変えた社会起業家 54人
毎日フォーラム・あしたの日本へ (株)Little Japan代表取締役・柚木理雄
三菱UFJリーサーチ&コンサルティング ソーシャルビジネス支援プログラム採択
ビジネスプランコンテストメンター等:Startup Weekend、三保松原地域活性化プランコンテスト、CePiC